クリープパーマを求めて

クリープパーマをかければ無敵です

私の髪の毛はくせがあります。かなりのうねりがあるのです。見た目はストレートなのに、髪の毛の内側のほうはくせがあります。だから上手に髪の毛のセットもできません。カットする時にも、結構手間がかかるみたいです。全部ストレートだったらもっと、セットをするのも楽なのにと思います。

 

 

でもこんな私でもクリープパーマをかければ、きっとましになると思うのです。パーマをかければ、素敵な髪型にもなるでしょう。まだ一度もパーマをした事がありません。結構度胸がいるのです。もしも失敗して変な髪型になったらどうしよう、と考えてしまうとなかなかできません。

 

 

クリープパーマがすぐにとれれば、問題ありませんがそれはわかりません。一度でいいので、どんなものかかけてみたいなとは思っています。友人は軽くパーマをかけました。ふわっとして、女の子らしくてとてもかわいいのです。でも私の髪質とは全く違うのです。

 

 

私は結構太い髪の毛でボリュームがあります。髪の毛の量がとても多いのです。だからカットしてもまたすぐに伸びるので、髪の毛が爆発するのです。でも一度クリープパーマをしてみようと真剣に考えているのです。"

癖毛も綺麗に整えられるクリープパーマ

癖毛の場合、とにかくまっすぐな髪の毛に改善したいと、縮毛矯正をかける方が多いです。
ただ縮毛矯正をかけても、癖毛が強い場合思ったほど髪もまっすぐにはなりませんので、その仕上がりにがっかりしてしまうことになります。

 

癖が強い髪の毛の場合には、自由が丘の美容院で無理に縮毛矯正をかけるのではなく、クリープパーマをかけてしまうのもお勧めです。
癖毛の状態でパーマをかけると、余計髪が広がるのではないかと気になりますが、パーマの種類によっては髪の広がりを抑えることも可能になります。
また、カット方法を工夫することで、毛先の流れも綺麗に整えることができますので、今までなれなかった一番ピッタリの髪型に整えることもできますよ。

 

また、癖毛の方の場合、髪に癖が付きやすいという特徴がありますので、一度パーマをかけると長くその状態を保つことも可能になります。
クリープパーマを行う時、料金も高くなりがちですが、癖毛の場合には何か月とその状態を持たせることができますので、お金の節約にもなるのです。

 

このように、自分の髪型のコンプレックスを生かすためにはパーマをかけてみるとよいですよ。

 

生まれて初めてかけたパーマの思い出

高校の時に初めてパーマをかけたのですが、その時は正直大失敗でした。
かけた美容師さんが新人さんだったようで、パーマを強くかけられ過ぎたのです。

 

私はもっと自然で、ふわふわした柔らかいパーマを求めていて、それを伝えたのに、仕上がったパーマはバブル時代のお姉さんのような、激しいパーマでした。
これは失敗だろう、と美容師さん本人も気づいていたはずなんですが、「これでよろしいでしょうか」と鏡を見せられ、「よろしくない」と思っていたにも関わらず、言い出す事ができませんでした。

 

初めてのパーマがこんな最低な結果になるなんて、私は不運だなと感じました。
それからはせっかくパーマをあてたのに、友人に見せる事もできずに、毎日おだんごや編み込みなど、ヘアアレンジして学校に通いました。

 

ところが1ヶ月程した頃から、パーマがとれ始め、いい感じにゆるいパーマになり始めたのです。
そこで初めてパーマヘアを友人に見せる事ができました。
友人からも評判が良く、どこの美容室であてたのか聞かれましたが、答える事ができませんでした。

 

初めてのパーマは、こんな失敗とも成功とも言える思い出になりました。